スケープの使い方

 
構成について

スケープスタイルは、トップとボトムの2枚で構成されています。

スケープ-トップとボトム

 
高さ調整について
 
クリップで留めるだけ!
トップの裏に、ボトムのクリップを引掛けるポケット(テープ)が付いています。

クリップとポケット

高さ約2.5cm間隔のポケットになっていますので、全体の長さを確認しながら、お好みの位置でクリップを留めてください。

スケープテープ

トップとボトムが乖離してしまうのを防ぐため、クリップは全10か所で留める仕様となっています。


※この画像のポケット(テープ)はイメージです。

 
10cm間隔に目印があるので簡単!
クリップ用ポケット(テープ)の白い目印が参考になるので、高さがずれてしまう心配もありません。

10cm間隔の目印

※ポケットの間隔は、数mmのズレがある場合があります。

 
幅の調整について
 
本体幅(1.4m)まで自由に調整可能な2wayフリーギャザー
横幅は本体幅の1.4mまで自由に調整できます。裏のギャザー用コードを引張ればギャザースタイルに、そのまま使えばフラットスタイルになり、お好みのスタイルで楽しむことができます。
1.4mはドレープ(ひだ)が全くない状態になります。

スケープギャザー用コード
フラットスタイルはそのままでOK!

スケープ-フラットスタイル

写真は、約2.4m幅の窓に掛けた例です。窓幅が大きい場合はギャザーを寄せられないため、フラットスタイルになります。
 
ギャザースタイルの作り方

レールの大きさに合わせて、ギャザー用コードを引っ張り、幅を絞ります。

スケープのギャザー調整1

スケープのギャザー調整2

コードロックで留めてコードを結んでください。

スケープのギャザー調整3

ギャザーが均等になるように調整すれば完成です。

スケープのギャザー調整4

 
アジャスターフックについて

スケープのアジャスターフック
 
カーテンレールに対する高さ調整ができます
スケープ-アジャスタフックについて
スケープ-アジャスタフック
 
ランナーの数に合わせることができます
カーテンレールについているランナーの数に合わせて、アジャスターフックの数を自由に変えることができます。
スケープ-カーテンランナー
アジャスターフックは約2cmピッチで挿しこめるようになっています。出荷時は10個のアジャスターフックが付いていますが、ランナーの数に合わせて増減できます。(7個〜10個が推奨数です。) スケープ-アジャスターフックの挿しこみ

スケープ-フック7個と10個の比較

 
洗濯について
 
ご自宅での洗濯が可能です

ほとんどの商品がご家庭で洗濯できます。ドライコースでのおしゃれ着洗いでの洗濯がおすすめです。一部の商品では素材や加工により、ドライクリーニング対応のものがございます。商品の詳細ページでご確認ください。
また、フリンジなどのアクセサリーが付いている場合は、手洗いでやさしく洗ってください。


スケープのサイズについてはこちらから スケープのサイズについて